昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 アウトレットセール 特集 オフィス 飛行機 車 クッション 携帯枕 旅行 仮寝 うつぶせ 4186円 昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 オフィス 携帯枕 仮寝 旅行 クッション うつぶせ 車 飛行機 日用品雑貨・文房具・手芸 旅行用品 機内リラックスグッズ ネックピロー・クッション 仮寝,クッション,日用品雑貨・文房具・手芸 , 旅行用品 , 機内リラックスグッズ , ネックピロー・クッション,昼寝枕,飛行機,お昼寝,オフィス,会社,ネックピロー,4186円,/epagomenic516034.html,旅行,デスク枕,車,携帯枕,w3s-factory.com,うつぶせ,低反発 仮寝,クッション,日用品雑貨・文房具・手芸 , 旅行用品 , 機内リラックスグッズ , ネックピロー・クッション,昼寝枕,飛行機,お昼寝,オフィス,会社,ネックピロー,4186円,/epagomenic516034.html,旅行,デスク枕,車,携帯枕,w3s-factory.com,うつぶせ,低反発 昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 アウトレットセール 特集 オフィス 飛行機 車 クッション 携帯枕 旅行 仮寝 うつぶせ 4186円 昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 オフィス 携帯枕 仮寝 旅行 クッション うつぶせ 車 飛行機 日用品雑貨・文房具・手芸 旅行用品 機内リラックスグッズ ネックピロー・クッション

昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 最新号掲載アイテム アウトレットセール 特集 オフィス 飛行機 車 クッション 携帯枕 旅行 仮寝 うつぶせ

昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 オフィス 携帯枕 仮寝 旅行 クッション うつぶせ 車 飛行機

4186円

昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 オフィス 携帯枕 仮寝 旅行 クッション うつぶせ 車 飛行機









【最高の昼寝を享受しよう】アジアの人間工学に基づいたデザインは自然で快適な睡眠をもたらします。デスクでうつ伏せ寝をする時、腕が痛みや痺れから解放でき、良質な眠りを実現できます。枕の中央のくぼみ設計は顔の曲線にぴったりフィットしスムーズな呼吸を可能に!サラリーマンや学生の睡眠の質を改善、疲労とストレスを取り除く働きをします。プレゼントとして愛しい彼/彼女に差し上げるといいでしょう。
【アップグレード版高密度50D低反発メモリーフォーム、高品質高耐久】厳しい品質基準を持っている低反発枕は、ISO9001認証取得しました。アップグレード版高密度50D低反発メモリーフォームは通気性と弾力性に優れています。1.8トンの自動車で転圧実験を行い、結果は完全で破損がないであります。お客様是非写真の後ろのビデオをご覧下さい。同時にYOOVVは既にCE及びRohs認証に合格し、健康で環境に優しく、オフィスや自宅で安心に使用してください。
【ネックピローと昼寝枕、自由に転換】H型と美しい曲線設計、置き方を変えることによって色々なシーンに適用できます。車や新幹線、飛行機などで休む時ネックピローとして使えます。頭や首をしっかり支え、頚椎、背、肩への負担を効果的に減少できます。
【収納袋付き、洗濯可能】付属の収納ポーチに入れると1/2サイズになりスペースを取らず持ち運びに便利!カバーはダブルカバーを採用し、通気性にもっと優れ、寝汗や皮脂を素早く吸収できます。そして、良質な素材のため優れた抗菌性と除臭性を持っているので、清潔と快適を長くキープできます。

昼寝枕 ネックピロー デスク枕 お昼寝 会社 低反発 オフィス 携帯枕 仮寝 旅行 クッション うつぶせ 車 飛行機

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。