Cygwinの最近のブログ記事



 実はこれをやろうとしてはまったのだ【爆】


 で、途中になっていたので、やっぱりやってみる事にする。


 参考


  http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~naga/miscellaneous/winssha-1.html


  http://sakura.ducub.com/cgi/a-column/data/soft/1014123354.html


 必要項目のインストール


  Cygwinのsetup.exeを起動して、以下の項目をインストールする。


        • cygrunsrv[Admin]

        • openssh[Net]





 環境変数の修正。


  c:?/cygwinにインストールしてるものとして話は続く。あと、Windowsの管理者権限なんかがないとマズイかもしれない。


  マイコンピュータを右クリックしてプロパティを表示。


  詳細タブをクリック。


  環境変数ボタンをクリック。


  システム環境変数のPathを選択し、編集ボタンをクリック。変数値に'c:?cygwin?bin?'を追加。

  システム環境変数の新規ボタンをクリック。変数名に'CYGWIN'、変数値に'binmode ntsec ntea tty'*1を入力。


 sshdの起動準備。


  cygwinを起動して、



$ ssh-host-config -y



  なにやら必要なファイルを自動的に作ったあと、環境変数'CYGWIN'の入力を求めてくるが、デフォルトの'ntsec'のままで良いのでそのままreturn。


  'Host configuration finished. Have fun!'と表示されたら終了。


 パーミッションの変更。


  /etc以下のsshd関連ファイルのパーミッションを変更。cgywin上で、



$ chown system.system /etc/ssh_host*_key


$ chmod 600 /etc/ssh_host*_key



 Windowsへのサービス登録を行なう。


  マイコンピュータを右クリックして管理ダイアログを表示。


  「サービスとアプリケーション→サービス」を選択。


  右のリストに'CYGWIN sshd'があるはずなので、それを選択してサービスの開始ボタンをクリック。


 この状態でcygwinから、



$ ssh localhost



 でログイン出来ればオッケー・・・ なんだけど、ログインした途端に接続を切られてしまう(?_?)


 いろいろ調べてみたのだが、行き着いたところは、


  http://www.cygwin.com/ml/cygwin-announce/2004-08/msg00031.html


 で、この中に、



Thanks to an early bug report on the cygwin mailing list, I found that


you *must* add the -r option when starting the sshd daemon, if you want


to use privilege separation. Either that, or disable privilege separation


in /etc/sshd_config by setting


UsePrivilegeSeparation no



とあった(-_-;) 要は"バグってるから、privilege separation(特権分離機能)使うなら-rオプションつけてsshdを起動してね。それじゃなかったらこの機能は使わないよーに。"ということ。特に使うつもりもないので【笑】


 /etc/sshd_configのUsePrivilegeSeparationをno

にして*2sshdを再起動。



$ net stop "CYGWIN sshd"


$ net start "CYGWIN sshd"



 再度、



$ ssh localhost



 今度は無事ログインに成功(-o-;)




*1:これでいいのかどうか、ちょっと怪しい【爆】


*2:ssh-host-configの時、'Should privilege separation be used? (yes/no)'で'no'としておけば、この苦労は不要らしい。



カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

  • このサイトで使用されているリソースの著作権は、すべて作成者・撮影者が保有しています。無断での2次利用はご遠慮下さい。