Linuxの最近のブログ記事

lost interrupt [Linux] [UNIX] [メモ]

| | |



 Linux-2.4.28ベース*1のカーネルでCFカードを使えるようにしていたら、cardmgrを使用したところで、"hda0: lost interrupt"のエラーが表示されるようになった。


 make menuconfigでCardBusをサポートするようにカーネルを設定したら、表示されなくなった。



  General setup --->


   PCMCIA/CardBus support --->


    [*] CardBus support



 原因は不明・・・ いいのか?(^^;




*1:2.4.25のソースをマージしたり。いろいろいじってはある(^^;





 前に書いた事の補足にもなるのだが、どうもAu1500のUSBデバイスには変な癖*1があるらしい。

 Host側からset_interfaceする時、wIndex=1だとその後の動作がおかしくなるようで、Host側のコントローラ*2で,


usb-uhci.c: interrupt, status 3, frame# 113*3



のエラーが発生してしまうのだ。同然set_interfaceはfailedとなり、その先には進めない(-_-)


 前回のケースではset_configurationでwValue=3の時に同様におかしくなり、これを1にする事で回避出来たのだが、今回は値を変更出来ないので、どうしようもない状態(T_T)


 解決方法、無いですかねぇ・・・(__)




*1:と言うか制限?不具合?


*2:この場合UHCIなんだけども


*3:frame#はその時により異なる





 デバイス側(Au1500)のEther-Over-USBドライバの実験。ホストPC(Linux-2.4.20)に接続するとホスト側で上記のエラーが発生*1。 デバイスを認識出来ずにいたのだが、その原因が判明。


 gadget/ether.cで、DEV_CONFIG_VALUEの値を3→1にしたら、エラーが発生しなくなった。



//#define DEV_CONFIG_VALUE 3 /* some hardware cares */


#define DEV_CONFIG_VALUE 1 /* some hardware cares */


 USBの仕様的にも、ether.c的にも、3でも問題なさそうな感じなのだが・・・ 1でオッケーな理由は不明。Au1500の問題?*2


こっちにちょっと補足。




*1:"usb-uhci.c: interrupt, status 3, frame# 113"がそもそものエラー。要はUSBの受信エラーが起きている模様。


*2:おかしなパケット返してるとか、何も返していないとか。ハード的なところはアナライザがないとどうしようもないわ(__)



日付時刻設定 [Linux] [UNIX] [メモ]

| | |



  • タイムゾーン(TimeZone)の設定。


 # ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime 日本標準時で時刻を表示する場合


  • とりあえずntpサーバーを使用して時刻を合わせる。


 # ntpdate <ip-addr>


  • 起動時にntpdateで時刻を合わせる。


 /etc/default/ntp-serversの編集(または作成)


 ----


  NTPSERVERS="hoge.htp.server"


 ----


 # /sbin/chkconfig dtpdate on


 でいいような気がする・・・



USB-Ether [Linux] [UNIX]

| | |



 DB1500のlinux-2.4.20に2.4.25のgadgetのether関連を混ぜ込んで動かして見てたりする。


 とりあえずコンパイル出来て、insmodして、PowerBookのUSBに接続してみる。ifconfigすると、usb0なデバイスが出来上がってる。PowerBookのシステムプロファイラでもEthernet Gadgetが表示されてるので、何となく動いてそうな雰囲気。


  で、これで何が出来るんすか?【爆】


 とりあえずこのへんかなぁ・・・



カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

  • このサイトで使用されているリソースの著作権は、すべて作成者・撮影者が保有しています。無断での2次利用はご遠慮下さい。