MIDGETの最近のブログ記事

MIDGET_DKA.jpg

 気がつけばサイドブレーキとシフトレバーが無くなってるし・・・orz...

 後輪はリアデフのパーツに直接接着するのだが、ここもユルユルで位置決め出来ないし・・・ テープで固定してみたけどやっぱり微妙に曲がってる。前輪が曲がってるのは意図的ではなくボディに干渉してこの位置になってしまうという。ワイパーはもう強引に固定。

 幌も自作するつもりで材料までは揃えたのだが力尽きた。

 とりあえずそれっぽく背景紙を使って撮ってみた。

 ってことで、やり残しはいろいろある訳だが終了(-。-;)


剥がれた。 [MIDGET] [模型]

| | |

RR-1.jpg

 前回もちょっと触れた荷台のフック。見事に剥がれてます。

 で、シャーシ周りを塗装するために貼ってたマスキングテープを剥がしている時さらに・・・

RL-1.jpg

 

orz...

 まぁ、どんだけ表面をコーティングした所でベースが着いてないんだから仕方はないんだけどね。よく見ればそこから縁にかけての所も段差が目立つし、やり直すのにはちょうど良い機会かな、と・・・


IMG_2460.jpg
 地道に時間を見つけつつ作業は続いていたりする訳で。ま、継続は力なりな精神です【違】

 で、もう何をどう直したか解らないくらいいじって塗装までこぎ着け *1 、ボディを塗装 *2 。参考にしてた画像では淡い緑だったんだけど、別に見つけた写真の水色が良い雰囲気でそっちに決定。が、塗ってみたらちょっと青が強かったなぁ・・・orz

 んで、前回問題になった塗料の載りの悪さは健在で簡単にボロボロ剥がれてくので、保護用に軽くクリアを吹いてます。でも真鍮線で作った荷台のフックはメタルプライマを忘れたせいか、マスキングテープが触ってあっけなく剥離orz・・・ もういいよぅ(T_T) ここまで来たら意地で作るけど・・・

*1 : てか先に進めないので割り切ったとも言う
*2 : マスキングはリーフと燃料タンクを塗るためのものです。

まだまだ続きます・・・

フレームの奥も作りが実写と異なるので、

IMG_2020.jpg

こんなパーツを自作。で、

IMG_2021.jpg

こんな感じで貼り付けた後、継ぎ目はパテ埋め。ちなみにサイドミラー取り付けようの穴は削除。ウィンカーも作り直すため削り取ってます。後はシフトレバーのHパターンを彫ったり、シート横のなんかの穴【笑】も彫ってます。ピンバイスがあるとこういう作業は楽々だ〜

IMG_2016.jpg

厚すぎる底板はばっさりカット。ペダル用穴はプラ版で裏打ちしてからエポキシで穴埋め。大問題の風よけは何回かトライしたもののピンポイントの接着では強度が全然でないので、裏側(足下側)にプラ板を張り付けその周りをエポキシで均一化。表側はエポキシで埋めてます。

IMG_2023trim.jpg

 サイドミラーはここでしょ! と小一時間ほど説教したい・・・(-_-)
 ペダル用穴はすでに開け直されてます。

 で、ある程度形を整えた後、様子を確認するために一度捨てサフを吹きます。

IMG_2053.jpg

 こうするとまだ慣らし切れてないトコや細かい傷が確認しやすいので。
 側面の蓋の周りなんて全然削れてないし・・・orz

IMG_2054.jpg

反対側から。ちょっとひっかいたらサフが一気に剥がれたのがショック。もしかして塗料が乗り辛い? これは後々問題になるかも・・・


 前回1部ネタバレした荷台の件。

IMG_1963.jpg

 まずは縦の梁(?)を追加。これは0.5mmのプラ版を細く切って接着。乾いたら縁に合わせて切る。んで、

IMG_1964.jpg

 縁の上部をやはり0.5mmのプラ版で作る。縦の梁と縁が合うように幅を調整。プラ版の継ぎ目は後でパテ埋めするのであまり気にしない。

 次は荷台の下部。面が合ってないのをやすりで削り取り、変な絞り込みはエポキシで修正。

IMG_2018.jpg

 ちなみに跨がる所 *1 が妙に角張っていたので、軽くRを付ける程度に削ってある。あとサイドブレーキやクラッチ用の穴も不自然なのでエポキシで埋めてある。後でピンバイスで開け直し。

 あ、あと、厚すぎると書いた底板も作り直すために切り取ってあります。
 隣に見えるのは、修正用プラ板を貼った状態のダッシュボード(インパネ?)

IMG_2022.jpg

 てか、よく実物の写真を見ると、サイドブレーキのところはカバー化され取り外せるようになっている。のでこれを作成して接着。ついでに側面の蓋も作る。

 まだまだ先は長い・・・

*1 : てか、実質ここがフレームだよな?

カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

  • このサイトで使用されているリソースの著作権は、すべて作成者・撮影者が保有しています。無断での2次利用はご遠慮下さい。