ツール関係の最近のブログ記事

IMG_2797.jpg

 先の地震である意味一番被害の深刻だった *1 自室。片付けついでに、予てからやろうと思っていた塗装ブースの改修を思い切って実行に移した。

 やる事は3つ。
 (1)ブースの高さを伸ばす。
 (2)照明の改善。
 (3)排気系の改善。

 (1)は一番深刻で、毎回屈みながらの作業になっていたので、塗装中に腰やら背中やら区部やらが辛い状態(T_T) なので、カインズでパイプを買ってきて、上に30cm程高くしてみた。何故この高さかと言うと、買ってきたパイプがその長さだったから(笑) これを元あるフレームにタイラップで固定 *2 し天板をそのまま乗せただけ。でもアルミのパイプなので、思ってたよりもしっかり固定出来た。

 高くした分の隙間はビニール *3 で塞いだのだが、これはやっぱりちゃんとベニヤで塞いだ方が見栄えがいいな(--;)

 (2)と(3)はおまけ。照明はちょっと暗めだったのだが、高さを稼いだ事でさらに暗くなる事が予想されたので、台所用蛍光灯に変更。排気は今までが適当に作っていたので、ちゃんと作り直そうかな、と。

IMG_2795.jpg

 排気系で一番厄介だったのが換気扇へのダクトの取りつけ。いろいろ考えたのだが、最終的には、園芸用のふるいの網を取り外し、L字型の金具で引っかけて固定。隙間を台所用コーキング剤で塞いで漏れないようにした。で、ここにダクトを差し込んで取り付けた。これも意外としっかり固定出来たので、強度的には問題ないかと思われ。

 他に細かい所では、窓枠へ取り付けるベニヤ板を細く切って窓の開く幅を広げたり、高くした分の有効活用のために棚を作ったり。

 あとは配線を整理すれば作業は終了。仮置き、仮積みしながらの作業を実質2週間だったので、余震で崩れないか心配だったが(笑)、なんとかなりそうだ。

*1 : だっていろいろ散乱して大変だったんだもの・・・
*2 : ホントはボルト固定したいのだが、それはまた後日。
*3 : てかゴミ袋

IMG_2599.jpg

 壊れていたのです【爆】

 コンプレッサーを床置きして使っていた時代に、ふとした弾みでエアゲージの部分を蹴ってしまい、キャップ部分から首チョンパ *1 orz... 瞬着で無理やり固定 *2 しひとまず使えてはいたものの、微妙な隙間からエア漏れ音はするし、圧も若干弱い感じ。

 で、先日別件でプラリペアを買ったので、きちんと直す事にした。

 不幸中の幸いかエアゲージを取り付けるネジ穴はキレイに残ってくれたので、作業は簡単。
 (1) 逃がしのため(?)に開いてる穴を裏側からマスキングテープで塞ぐ。
 (2) 凹みになっている箇所にプラリペアの粉末を敷き、軽く叩いて平らにならす。
 (3) ならした表面を荒らさないように静かに溶剤を流し込む。
 (4) 硬化したら、(1)の穴をピンバイスで開け直す。

 この後表面処理をしてやらないとパッキンが密着しないかなぁ・・・と思っていたのだが、試しに動かしてみたら平気そうなので作業は終了。

IMG_2604.jpg
 ↑クリックすると拡大します。

 現在は、騒音防止と埃まみれになるのを防ぐため、使わなくなったクーラーボックスにコンプレッサーを入れて足下へ。レギュレータは延長ホースで手元に設置し、再発防止策としている。てか、この方が作業効率もいいしね(^^;

 ちなみにこのレギュレータ。気がつくとビンの中にみっちり水が溜まっていたりする。これからの時期湿気も多いし、効果は大だなぁ。

*1 : 死語【埋葬済み】
*2 : 材質のせいか接着したってより固まった接着剤で押さえてた感じ

カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

  • このサイトで使用されているリソースの著作権は、すべて作成者・撮影者が保有しています。無断での2次利用はご遠慮下さい。