天体の最近のブログ記事

金環日食。 [天体] [雑記]

| | |

IMG_3551.jpg

IMG_3586.jpg

IMG_3592.jpg

もうね、

前回トカラまで行った人たちご苦ro
(。_゜☆\(ーー;)


 天気予報見てたら6時で曇り、9時で晴れ。微妙な天気だなぁ・・・と思っていたのだが、朝起きてカーテン開けたら窓の外にはバッチリ黒い影(^○^)

 今回思い切って太陽撮影用フィルターを買ってしまった訳だが、ほんと無駄にならなくて良かったよ(-_-;) *1

 見かけの大きさは月とほぼ一緒。てことは手持ちの70-210mmじゃ絶対的に遠過ぎるってコトでテレコンを直前まで漁っていたのだが、結局手が出ず仕舞い。でもやっぱり欲しかったなぁ・・・

 写真撮りながら改めて思ったのは、

月って真ん丸じゃないんだな

ってコト。結構直線的な所が多くて、最初「なんじゃこりゃ?」って思ったくらいで、調べてみたら、これの影響でベイリービーズ何て現象もあるんだとか。後出しじゃんけんで最後の1枚にちょっと期待したのだが、あまりにも小さ過ぎた・・・orz やっぱり目一杯移すには1000mmくらい無いとダメだなぁ。

 このままこのフィルターを捨てるのももったいないので、今年の夏休みはに太陽観察でもやらせるか(笑)

 あ、その前に6月6日には金星食があるんだっけ・・・

*1 : だって太陽以外に使い回しが効かないんだもの

皆既月食 [天体] [雑記]

| | |

IMG_2531.jpg

IMG_2490.jpg

[2011/12/24補完]

 もうなんだかすっかり更新が停滞してる、と何度かいた事だろう・・・【爆】

 今回の月食は土曜日だったので、も夜更かしして *1 一緒に観測。田舎で周囲に明かりも無いので、自宅前でも十分観測可能という好条件の元、こたつで暖を取りつつ皆既になるまでじっくり見る事が出来た。

 前回のEF100-300mmは月の縁で色ズレがみられたので、今回はSIGMAの70-210mm。ちょっと遠いがカメラの画素数とDIGIC4の勝利だわね。

 月の位置がほとんど天頂だったので、三脚を傾けて下からのぞき込むようにし、液晶で拡大しながらマニュアルでピント合わせ。一眼でもライブビューがあるとこんな時は楽だが、体制が悪かったせいで首が痛くなった(T_T) ってか、

 

そのカメラ、バリアングル液晶は飾りですか?

 orz...

 でもやっぱり天体望遠鏡が欲しいなぁ・・・・

*1 : ラピュタ見るのに前の晩も夜更かしだったのだが・・・orz

上弦の月。 [天体] [雑記]

| | |

CRW_4583.jpg

[2010/12/02補完]

 前に撮った時はもうちょっとピント合わせ込めたと思ったんだけどなぁ・・・
 てか、新月直後のほっそいのを狙っているのだが、なかなかタイミングが合わん・・・orz


帰還間近。 [天体] [雑記]

| | |

はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン
小惑星探査機「はやぶさ」

何だか歳取るごとに、時間の流れが速くなるようで・・・orz

トラブル続きながらもなんとか地球に向かっていたはやぶさ。2010年6月に戻れる目処がついたなんて話をついこの前聞いたような気がしていたのだが、気がつけばもうそのXデーじゃないですか(@_@;)

JAXAでじっくり見たかったのに、に振り回されてそれもままならず、悔しい思いをしたのももう去年の話。

出来る事なら機体ごと回収して欲しいなぁ、とは思っているんだけどやっぱり無理そう(T_T) せめてその姿を手元に置いておきたいと、ついポチッとしてしまったという・・・w
品薄のためか変にプレミア価格になってるのを買うのもアホらしいのでAmazonに注文したのだが、ちゃんと確保出来るんだろうなぁ→Amazon

惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)

青島文化教材社 2010-06-06
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 時折雲の切れ間からチラッと。

 実は太陽グラスを持っていたりしたのだが、朝からどんより曇り空。天気予報も良くなかったし、雨もパラついていたので、全然期待せずに持っていかなかったのが敗因orz... さらにはピンホールカメラ作って云々とかいろいろ考えていたのだが、こっちはどうせダメだったな。

 にしても、よりによってこのタイミングで天気崩れなくても(-_-)
 てか、この天気。どう見ても梅雨の天気なんですけど・・・→気象庁

 この前いきなり梅雨明け発表なんかしやがって、何か胡散臭いなぁとは思っていたんだけど、こんな記事によると、

一方、7月14日に梅雨明けが発表された関東甲信では、それ以降も雨が続き、気象庁には「梅雨明け発表が早すぎたのでは」という市民らからの電話も相次いでいる。担当者は「梅雨明け以降は真夏の青空が続くともかぎらない。『戻り梅雨』と説明して理解してもらっている」と話している。

素直に明けてないって言えばいいのに。

笑っちゃうのが、

大阪管区気象台には市民らから「梅雨が明けないと旅行日程もたてられない」などの電話も相次ぎ、

とか、
気象台には今週に入って、「梅雨明けはまだですか」「洗濯物がたまって仕方がない」という問い合わせも増えているという。

そんなん、気象庁に言ってもしょうがないやん(^^;


カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

  • このサイトで使用されているリソースの著作権は、すべて作成者・撮影者が保有しています。無断での2次利用はご遠慮下さい。